製品紹介 Products

CAN&LIN 解析ツール ViCSiM+

概 要

ViCSiM+は、車両通信ネットワークの評価や分析を行うエンジニア向けのツールです。
ViCSiM+は、CAN/CAN FD/LINを扱うことができます。
ViCSiM+は、車両通信をシミュレートすることができます。

◇メッセージの送受信
ViCSiM+ は、サイクル時間またはイベント(キーまたはパネルまたはスクリプト)をトリガとしてメッセージを送信することができます。
LINの場合はスケジュールテーブルに基づいてデータを送信します。

◇データの分析と評価
ViCSiM+ は、データベースファイルとしてDBC(CAN)、LDF(LIN)、CDD(診断記述ファイル)フォーマットを使用しています。
各チャネルごとに個別のデータベースを使用することができます。

◇トラフィックの監視
ViCSiM+は、CAN/CAN FD/LINメッセージを次の形式で表示します。
· メッセージ名
· データ⾧
· データ内容
· データベースに基づいて計算されたシグナル値
· バス統計
特定のメッセージを監視するために「メッセージフィルター」と「チャンネルフィルター」を設定することができます。

特 長

プロトコルカバレッジ CAN FD, CAN(High Speed/Low Speed), LIN,Diagnosis, Ethernet
トラフィックの監視 メッセージ、シグナル情報、バス統計、グラフ表示
送受信メッセージ 様々なメッセージ送信タイプをサポート
LINではスケジュールテーブルに基づいてデータを送信
データの分析と評価 ネットワークと機能シミュレーション用のスクリプトをサポート
データロギングとリプレイ データを保存(*.asc/*.blf)し、保存されたファイルを利用して分析が可能
スクリプト言語 Luaスクリプトを作成してViCSiM+機能の制御が可能(基本的な構文はLuaスクリプトと同じ)
シミュレーション スクリプトによる仮想ノードの作成と制御が可能
パネルを作成してノードへの関連付けが可能
診断 CAN Diagnostic Descriptionファイル(*.cdd)の利用が可能

※その他、ユーザーDLL・COMによる制御、各種エディタ・デザイナなどがあります。詳細はカタログをご覧下さい。

 お問い合わせ

本製品は貸出機をご用意しております(貸出期間は2週間となります)。
お問い合わせはこちらよりご連絡をお願いいたします。

ダウンロード

種別 カタログ(PDF) マニュアル(PDF)
サイズ 1.2MB 準備中
更新日 2020/2/5
メインフッタ